部活顧問

生徒も先生も半強制的な部活は、楽じゃないよ

部活動

テレビで教師が部活動を強制され本来の職務に影響があるという特集をやっていました。子供たちが通う中学校も高校も文化系スポーツ系半強制的に入部しなければならず原則「帰宅部」はありません。

 

運動系の部活に所属すると月曜日から土曜日まで部活(平日1日だけオフ)日曜日に試合や遠征が入ったらほぼ毎日部活をしています。強豪校や私立高校は、部活にも力もお金もかけているのその競技やスポーツに強い先生が顧問になります。公立高校や進学校は、顧問が未経験だったり熱心だったり雲泥の差があります。

 

サッカー部

A君は進学高である高校に入学。顧問はいますが顧問というには名ばかりの顧問で一切やる気なし・・(関わる気がない、保護者で勝手に行動して!と丸投げ状態)進学校なので無関心で興味もなくやる気も無いのも仕方ないのでしょうがあまりにもひどかった!とA君のお母さんも嘆いていました。B君は別の公立高校に入りました。本人も親もやる気は無いものの顧問がスケジュールを決めており半強制的に九州や岡山・石川・静岡・東京など遠方の練習に参加しなければいけません。ちなみにインハイに出場するような強豪校でも無いようです。

 

高校にある文化系の部活と運動系の部活動を調べてみました。面白い変わった部活があるものなんですね。

  • 茶道部
  • 吹奏楽部
  • ブラスバンド
  • 放送部
  • 美術部
  • 演劇部
  • 落語研究部
  • 合唱部(コーラス部・シンガーソングライター部)
  • 華道部
  • 書道部
  • 陶芸部
  • 香道部(アロマテラピー部)
  • 自然科学部
  • 天文科学部
  • マンドリン部
  • イラスト部
  • アニメーション部
  • 家庭科部(手芸&料理)
  • JRC部(ボランティアなど)
  • ファッション部
  • 和太鼓部
  • 資格部(ライセンス部)

 

  • 軟式野球部
  • 硬式野球部
  • ソフトボール部
  • バレーボール部
  • バスケットボール部
  • ハンドボール部
  • アーチェリー部
  • サッカー部
  • テニス部
  • 卓球部
  • バトミントン部
  • チアリーディング部
  • ダンス部
  • キックボクシング部
  • ボーリング部
  • 馬術部
  • 射撃部
  • ゴルフ部
  • ラグビー部
  • フットサル部
  • フェンシング部
  • 陸上競技部
  • 新体操部
  • なぎなた部
  • フィールドホッケー部
  • サーフィン部
  • 山岳部(ワンダーフォーゲル部)
  • フィギュアスケート部
  • レスリング部
  • 柔道部
  • 剣道部
  • 弓道部
  • 空手部
  • ウェイトリフティング部
  • 水球部
  • 男子相撲部
  • カヌー部
  • 少林寺拳法部(少林寺拳法護身術部)

 

たしかにこれだけの部活動があると未経験者の先生が顧問になっても不思議ではないし自分がまったく未知の部活に配属される可能性の方が高いでしょう。保護者が期待するのも間違っているのかもしれません。子どもにまじって子どもに教えてもらいながら競技をはじめる熱心な教師もいますが教科指導が本業なので片手間で受け持つには荷が重いと感じても不思議ではありません。

 

先生にとっても生徒にとっても負担が大きい部活動

 

日本体育協会の調べでは中学で46%高校で41%の先生が、部活動の競技に対して未経験者だそうです。平日は、テスト期間中をのぞいては日没まで部活、残業代は出ないそうです。土日は、部活動で2400円、引率で3400円という取り決めになっています。

 

部活動の時間を1年間で換算すると約700時間。国語・数学・英語の時間が140時間であることを考えると部活動に熱心な顧問は、それだけ職務以上に仕事をしていることになるし熱心じゃない教員がある意味合理的で正しいとも思えてきます。

 

H9に文部省が打ち出した指標にH16年現在も逆光している学校は多いようです。

運動部活動の在り方に関する調査研究報告 (中学生・高校生のスポーツ活動に関する調査研究協力者会議)

 

指標では、中学校は週2日休養日、高校は週1日休養日、長期休業中にはまとまった休養日を設定。平日は2~3時間、土日は3~4時間としていますが、実際には96.3%の中学校が土曜日部活を行い日曜日も73.9%が部活を行っています。高校では、土曜日に78.9% 日曜日に72.1%が部活を行っています。


外部指導者に任せると体罰や費用が問題になる

教師には職務を全うしてもらわなければいけないのに実際には、ほとんどの先生が部活動の顧問の仕事を押し付けられています。ボランティアだと思えばタダ働きの奉仕活動。結婚していたとしたら家庭や自分の子供の家族サービスどころではないんでしょうね。

 

外部指導者をお願いするとしたら費用も高くつくだろうし体罰などの問題も出てきます。

部活が原因の不登校

部活が原因の不登校にもいくつかパターンがあります。

 

顧問と相性が合わない
練習がきつすぎる
部活の先輩の暴力がイヤ
部活内で仲間はずれ
練習がきつくてイヤ
部活内の集団いじめ

 

学校が嫌でも部活に居場所がある子
部活は好きだけど学校はイヤな子

 

卒業アルバムの部活写真の撮影をきっかけに復帰出来た子