SNSのプロフィール画像でわかる深層心理

トプ画・プロフィール画像どうしてる?

トップ画像「

LINE・Twitter・カカオトーク・mixi・Facebook・skypeそれぞれプロフィール画像をのせます。プロフィール画像・トップ画像でわかる深層心理・性格診断というまとめ記事を見つけました。

 

自分の写真をプロフィール画像にしている人

 

プロフィール画像 

 

プロフィール画像に自分の写真を載せる人は、自己愛が強く社交的。自分でカワイイキレイと思っている人に多い。容姿やルックスに自信がある。細工をしていないナチュラルな顔ではなく加工する人は迷いやコンプレックスがある。自分が大好きで自己中。鏡越しの自撮りが多い人は、ナルシスト。自分に自信があるタイプ・リア充。プロフィール画像の交換頻度が高い人は、常に自分が注目されたいタイプ。家族や仲間と一緒に映っている人は、仲間意識が高い人

自分とは別の人の写真をプロフィール画像にしている人

 

プロフィール画像 

 

自分の理想が高い人。自分とはまったく違った別の人をプロフィール画像にする人は、プライドが山よりも高い人、そのわりには容姿に対して異常なほど劣等感を持っており毎回他人の画像を使い回す。なりすましの意識はないものの、相当病んだ状態。

 

中学時代不登校だったAさん(仮名)、全日制の高校に通い始めましたが留年して退学。私立昼間定時制高校に編入。現在は、無事不登校を克服し通学できるようになりました。自分とは似ていないめちゃくちゃカワイイ画像を拾ってきては、トプ画にしているため周りから失笑されていることに本人は気付いていなもよう。

自分の子供の写真をプロフィール画像にしている人

 

プロフィール画像 

自分の子供を単純に可愛いと思っている。主婦に多い。子育てや主婦業に自信を持っている。子供との2ショット写真に夫を映していないのは、夫より子供を大事にするタイプ。夫を放置プレイにしている主婦に多い。笑。

アバターや似顔絵をプロフィール画像にしている人

 

プロフィール画像 

女子は、かわいい画像を使いたがる、自分を可愛く見せたい気持ちが強い。自己主張はしたいけどプライドが高いので自分の写真を使うのには抵抗がある

 

ちゃんりおメーカー

大勢で映った写真をプロフィール画像にしている人

 

プロフィール画像 

仲良しと大勢で映ってる写真を載せる人は「輪」を重んじるタイプで周りから「協調性がある人」「良い人」と思われたい人。しかし肝心の本人がどれかわからない。笑。争いごとが嫌いなさみしがりや。自分をアピールしたいが若干臆病

子供時代の写真をプロフィール画像にしている人

 

プロフィール画像 

昔の写真を載せる人は、母親への依存が強い人。若い頃の写真を載せるのは、過去の栄光にしがみつくタイプ。今より昔の方が良かったと思っている。

自分の顔の部分的なアップを載せている人

 

部分的にアップの写真は、その部分に大きな自信を持っている反面隠れた部分にはコンプレックスを感じている人に多い
初期設定のままの人 男子に多い。自分をさらけ出すことに照れがある。
アニメキャラをプロフィール画像にしている人 アニメ萌系は二次元好きのオタクかただのズボラ。

自分のペットをプロフィール画像にしている人

 

プロフィール画像 

癒やしを求めるタイプ。生活の中心がペット。
変顔をプロフィール画像にしている人 社交的な人に多い

風景や夜景をプロフィール画像にしている人

 

 

控えめな性格
自分の好きな芸能人の画像をプロフィール画像にしている人 自分がこの芸能人のファンであるというだけ

誰かに聞いて欲しいこと話したいことはネットでつぶやく

誰かに聞いて欲しいことはたくさんあるのに・・誰かに話したいことはたくさんあるのに、リアルな友達には、話せないこともある・・そんなとき顔を見たこともないネットの向こう側にいる人が親身になってくれた・・息抜きできる場所があるって大事。

 

ネット(スマホ)に依存する人は、買い物(ショッピング)にはまるかゲームかネット(掲示板)かSNSのいずれか。

 

不登校の子は、SNS中毒やネット依存にはまりやすい

 

スマホやiPhoneを持つ10代、身近存在になったインターネット。TwitterやLine・InstagramなどSNSに依存しやすい状況が増えてきました。勉強しなければいけないのに面倒で気後れする大事なことは後回しにします。かなり意思が強くないとネット依存は辞められません。もしかしてネット依存は、意思の強い弱いは関係ないのかもしれません。自分自身の自覚で時間を無駄にしたな・・とか生活リズムが崩れてしまったという後悔や試験結果が悪かったという事実から目をそむけていたらいつまでたっても変わりません。でも人間は弱いもので何時間もネットにはまる自分に嫌悪感を抱きつつ「いつかできるだろう」と自分の楽なほうに、楽しい方に流れていくのが常です。

 

不登校の子は、とくにネット依存にはまりやすいです。学校に行かないから時間は無限にあります。学校に行けない自分に自己嫌悪を抱いても都合良く付き合うことができるのがネットの良いところ。深夜2時3時まで起きていても誰かと繋がっている安心感。うちの息子は、ゲームにはまっていましたが相当やばくて朝昼兼用でごはんを食べたらお昼から夜までずっとゲームを続けお風呂入ってからも寝るまでもずっとゲームを続けていました。娘は、ゲームとSNSに依存しています。男子と女子の違いなんでしょうかね?SNSやネット(ゲーム)のために大事な何かを犠牲にする。繋がっていないと頭痛がするといっていました。(病んでいますw)時間を減らしたりやめようとすると禁断症状が出てしまう、自分で何時までと時間と決めても自分の約束が守れない。そもそもやめられないから依存症なんですけどね。


SNS依存にはまりやすい性格(タイプ)

かつて不登校は、登校拒否と呼ばれていました。学校に行けないのは家庭環境が複雑な家の子。でも今は、普通の子が学校に通えなくなる時代です。家で過ごす時間に子供たちは、ネットで誰かとつながっています。リアルではない場所に安心を求め居場所を探します。

 

SNS依存やネット依存はどんな子でもなりやすくとくに小学生・中学生・高校生といった子供は影響を受けやすいのです。依存しやすい子の傾向としては・・

 

  • 融通が効かない
  • こだわりが強い
  • 自分の求めた答えでないとキレる
  • 人の意見を受け入れられない
  • ゲームやスマホの時間を咎められると逆切れする
  • 人に対してマイナス発言が多い
  • 人にたいして否定的で攻撃的な発言が多い
  • 人の事情を察したり慮るのが苦手
  • 自分を誇張する
  • 努力が苦手
  • 生活時間が不規則
  • 朝起きれない
  • 人の噂話や悪意のある悪口をいうのは楽しい
  • 朝ごはんは殆ど食べない
  • 偏見が強い
  • 凝り性
  • 考え方に偏りがある
  • 気が小さい
  • リア充ではない
  • 非モテ・奥手(異性に相手にされない)
  • 運動が苦手
  • 頭でっかちで恋愛を妄想しがち
  • 兄弟姉妹に対してコンプレックスを抱いている(顔・容姿・運動能力・学歴)
  • 会話のキャッチボールが苦手
  • 挫折を繰り返している
  • 現実逃避するのが好き
  • 容姿に自信がなく外出が嫌い
  • 自意識過剰
  • 友達が少ない

 

誰かに依存したい。依存できれば安心という思いがあり親離れできていない子や甘えるタイプとは違います。依存しやすいものは、母親、恋愛、彼氏(彼女)お酒、薬、買い物、タバコ(ニコチン)、ゲーム、Line、mixi、セックス、漫画、甘いもの、アニメ、リスカ、ネット、Twitter、精神薬、睡眠薬、SNS、二次元。依存しやしものにたいして量や時間が過ぎるためストレス解消になるどころか毒になります。諸刃の剣のような部分があるのもうなずけます。根底には自分の自信がない、コンプレックス(劣等感)があります。

 

ネットで個人情報を晒す!困難な「デジタルタトゥ」

TwitterなどのSNS・2ちゃんねるなどに個人情報を晒す顔写真・住所・氏名・年齢・出身小学校・出身中学校・メールアドレス・ツイッターの裏垢を晒す行為があとを立ちません。鍵付けアカウントでも、一度アップされた画像は誰でも保存できます。簡単にスクショされるので吊るしあげられます。

 

本名を晒し誹謗中傷を書き込むためそれが原因で不登校になってしまう子も少なくなりません。ネットいじめ行為は、一般の人でも被害にあいやすいし事件や何らかのトラブルを起こしてしまったら再起不能になるまで本人や家族を吊るしあげ公開処刑するのです。

 

一度インターネット上に拡散されると炎上が炎上をよびさらに拡散されます。一度ネットで晒されると繰り返し複製されネット上に流布するため後から消すことができません。入れ墨(タトゥ)は一度入れてしまうと消すほうが難しいことから「デジタルタトゥ」と呼ばれています。青山学院大学の学生がSEIYUで踊り狂っていたというニュースがありましたが批判が殺到した翌日には、twitterの裏垢まで晒されていました。事件があると学校では箝口令をしき隠蔽しようとしますが、あとの祭り。その後の就職や進学にまで影響を及ぼします。被害者加害者にならないように気をつけなければいけない恐ろしい時代になりました。