高校中退!からの学校探し、新しい進路で可能性をひろげる

中退しても人生が終わるわけではない

いじめや何らかの理由で学校に通えなくなる子供たち。中学校で不登校や保健室登校をしていた子が、高校で活路を見出し国立大学や私立大学に進学した子もいました。

 

中学校で不登校で高校受験(欠席日数が多いと受験時に作文を提出。)をし無事公立高校に入学した子もいました。しかし再びいじめにあい不登校になり退学せざるをえませんでした。しかし転入や編入学可能な中間定時制の高校に入学し同じ学年の子より1年遅れましたが高校を卒業した子もいました。子供が学校に通えなくなると保護者としては、深刻に悩んでしまうところですが人生は何度だってリセットできます。

 

中学や高校で不登校で人生が終わったわけではないということをお伝えしたいです。新しい環境でもう一度頑張ることができれば、通り道回り道に思えても子供の人生にとっては大きなプラスになります。

 

 

自分を受け入れてくれる進学先が見つかれば、子供の居場所ができます。そういった環境に身を置くことで性格も表情も明るくなるのです。

 

幼いときにお父さんを亡くし母子家庭で育ったMさん、小学校・中学校と成績は、芳しくなく私立高校の併願試験で不合格になりました。学力も体力も平均を下回っていましたが地元で1番偏差値の低い公立高校の二次試験を受験しました。定員が割れたために無事合格することができたのですが穏やかな性格だったために周りからバカにされいじめを受けるようになりました。

 

偏差値の低い高校でも、スクールカーストは存在するんですね。陰湿ないじめによって通学できなくなり退学しました。しかし通信制高校を見つけ編入し、高校を卒業。今は、自分でみつけてきた大学に進学、周りも親もビックリでした。今、何らかの理由で、学校に通えないとしても全てがマイナスになることはありません。デメリットにばかり目を向けないでください。

 

自分に合った学校を選ぶ

 

通信制高校、定時制高校、高卒認定予備校、高等専修学校、技能連携校、サポート校、留学といった選択肢があります。


義務教育にも通えない子供に絶望を感じた

小学生なのに学校に行き渋る、中学生なのに学校に登校できない・・小学校や中学校は、義務教育なのに通えなくなると親としては非常に焦るし心配になります。私も途方にくれました。「どうして学校(担任や顧問)は、何もしてくれないの???」と怒り狂っていたしママ友に何時間も話を聞いてもらっていました。そして将来を心配するあまり子供には「どうして学校に行かないの」ネチネチ怒ってばかりいました。

 

小学校の子供なら騙しがきくのですが思春期をむかえた子供の扱いは難しくてまるで腫れ物でした。学校に通えない理由を探すのに必死で義務教育すら通えないことに将来の見通しが立たない、人生終わった・・と感じていました。

 

子供の人間関係も心配でしたが、小学校や中学校をといった小さなコミュニテイでも上手くいかないのは性格や人間的になにか問題があるのだろうか?と思っていました。今ガマンできないことは働くようになったらもっとガマンできないだろうと容易に想像できたため厳しく叱責を繰り返していました。

 

不登校なんて家庭環境が劣悪な子というイメージだったので「どうしてうちの子が」と思っていました。昔と比べてイジメが目に見えない分、今のほうがイジメが陰湿、ちょっとした言動でいじめのターゲットになってしまうことにも恐怖を覚えました。明るい性格の我が子が不登校になることは、想定外だったため教育やしつけの仕方が間違っていたのか?と自分を責めても深く落ち込むことも多かったです。


中退のデメリットを危惧する親

高校、専門学校、短大、大学で中退が就職のときデメリットとなると心配する親は多いです。私もその1人でした。1つのことを継続できない、1つの環境で我慢ができない子は、将来バイトをしても就職をしても結婚しても長続きしないだろう、結婚生活も破綻するのではないか?と考えていました。

 

出席日数が足りないと留年する高校

 

実際、出席日数が足りないと高校は留年が決まります。公立高校では50〜66日以上の欠席で留年となります。私立高校の場合、44日以上で留年となります。病気や怪我による欠席で診断書を提出し緩和される場合もありますが補修で補えなければ単位が足りずに進級できません。

 

商業系や工業系などの高校では、検定に合格しないと単位をもらえないこともあります。例えば商業科では情報処理検定、日商簿記検定、ビジネス文書実務検定、経産省情報処理試験(ITパスポート)、ビジネス検定、全商商業経済検定、珠算電卓検定、などを受験し全部が不合格だと評定が下がったり(原級留置など)単位がもらえません。留年しないまでも就職試験のとき不利になります。

 

工業科では、工業技術基礎、実習(電気製図、電気工事、電気測定試験)などの試験があり不合格だと単位が足りず進級できないなど学校独自の制度があります。しかし不合格・落選・浪人・退学などのマイナスな出来事は、人生の終わりでも破滅ではありません

逃げることは悪くない、やめることは悪くない

中退したことで、その後のデメリットといえば就職試験で書類で落とされるとか面接で説明を求められることぐらいです。ただし大卒が受ける大企業などの場合です。ただ、面接官も学校を休みがちだった子を受け入れて働きたくないと辞められるようでは、困るのでどうしても説明を求められます。過去はどうであれやる気が感じられたり本気で取り組む姿勢が大事です。

 

最近の面接官は、「長所」より「短所」を聞くそうです。私は、こんなに良い子ですよ!というアピールより正直に「辛い経験や挫折を味わったからこそ、今の自分がある」と言えるほうが、信頼性がありますもんね。就職が決まってしまえば過去の不登校で不利益を被ることがありません。大事なのは今ということを忘れないでください。

 

中退は、人生を逃げ道ではありません

 

高校を中退して通信制高校を卒業するのは理想です。しかし現実には、中学校不登校、通信制高校も中退という子がします。学力がないとかコミニケーション能力が低く、新しい環境でもうまく行かない子もいます。留年や退学は、恥ずかしいことでも不名誉なことでもありません。長い人生の中で失敗や挫折のない人生なんてありえません。あのとき回り道したけど、と思える人生が待ち受けていると信じて子供さんと接してください。

高校の進学率は98%学歴の格差が少ない日本

平成22年から公立高校の就学支援金制度が始まりました。私立高校にも世帯収入に応じて(11万8800円〜23万7600円)就学支援金加算制度があります。文部省の調査によると全日制高校の進学率は94.0%、定時制・通信制(本科)の進学者を含むとおよそ98.2%が進学しています。アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・韓国と比較しても日本は、高い水準です。

 

学歴の格差が少ない日本だからこその「学歴差別」

学歴
義務教育の小中学校を卒業しても高い進学率で高校に入学するため諸外国と比べて学歴の格差は少ないといえます。逆に最終学歴が中学校卒業(中卒)や高校の「中途退学(中退)」だと差別されやすいといえます。

 

普通科のほかに総合学科、商業科・工業科・農業科・家庭科(家政科)・看護科などを卒業してからの進路が別れます。平成24年大学短大の進学率は、53.5%。専門学校への進学率は、23.5%。就職するものが、16.8%です。しかし60人に1人(5万5702人)が高校中退者です。生徒の数は、少子化の影響で減少している中で不登校の数は、減っていません。

 

小学校では、311人に1人の 2万2463人、中学生では37人に1人の9万7428人が不登校。原因は、いじめ・友人関係・情緒的混乱や情緒不安、人間関係・無気力・遊び・非行・家庭の不和、家庭環境・親子関係・親の離婚・再婚・破産などの経済的理由・生活環境の変化、無気力、入学・進級・学校や学級に対する不適応、クラ ブ、部活動の不適応、進路にかかわる不安、教職員との問題・学業不振などです。

 


通信制高校から大学・短大・専門学校に進学する子もいます

興味や関心があることにじっくり向き合いたい人、苦手な教科があったとき個別に指導を望む人、こんな人にとって今の学校制度が自分と合わないと感じるものなのかもしれません。全日制高校だと毎日登校しなければいけませんが通信制高校は、「先生が苦手」、「友達付き合いや人間関係が苦手で通えなくなった人」がむいています。

 

先日、シングルマザーのママ友に道でばったり会いました。うちの子は、中学に通えなくなりました。ママ友のところは、小学校・中学校は通えたけど高校で友人関係が原因でいじめにあい不登校になりました。でもすぐに高校の通信制過程に転入しました。全日制高校の在籍期間と全日制高校で取得した単位によって転入が可能なんだそうです。

 

通信制と全日制は同じ卒業証書。年間20日のスクーリングと単位認定試験を受けるのに登校しただけでした。入学金も学費・施設補充費などを支払いには、1年間で25万円ほどかかるのですが、就学支援金によって負担は半分程度だったようです。都道府県の奨学金制度のほか日本学生支援機構の奨学金もあります。通信制は、制服も着なくてもいいしバスや電車の定期代も回数券を買っておけばいいので全日制より全然お金がかからないと言ってました。

 

系列の大学に内部進学する子、大学の看護学科や心理学科・福祉学部に進む子、短大や専門学校に進学する子もいたそうです。自分の子供が通えなくなったとき「将来」を心配になり悲観しました。でも人生って何度でもやり直せるんだな〜って思ったし、ママ友の子供の進学は、大きな希望だと思いました。


新しい環境で第一歩を踏み出す

通信制高校

入学の条件は、15歳以上、全日制高校、定時制高校に通えない生徒
自分のペースで勉強ができます。レポート作成、登校するのは、月に2回程度なので負担になりません。しかし自宅学習が主になるので強い意思や継続的に学習をしなければいけません。無事卒業できれば大学への進路も開けます。

定時制高校

働きながらの勤労青少年のための高校教育の場所のため様々な年齢や性別・職業に人がいる定時制高校。ゆとりある環境で勉強以外のことが多く学べます。もともと昼働き夜学ぶ人のための高校が学業不振や不登校・中退者も編入しているため昼夜間定時制高校も増えており以前の高校の単位が編入時採用されることも多いようです。

 

ただし3年〜4年が修業年数となります。過去にスポーツ経験があるのならクラブ(部活)活動に参加されることをおすすめします。定時制通信制のみの試合(大会)は出場者が少ないため1回戦勝ち進めば全国大会!ということも多いからです。入学金や授業料も全日制に比べて安く不登校児の親にとって費用の負担が少ないといえます。

高卒認定予備校 高校卒業と同程度の学力を認定する予備校。高卒資格によりその後の進路(大学・専門学校)などの道を切り開くことが出来ます。2005年から実施されておりう満16歳以上であれば入学可能です。高卒認定予備校は、自主学習で大検をベースにした高卒認定試験(高等学校卒業程度認定試験)に合格させるための学校。正解率50~60%以上を目標にした学習が必要です。
高等専修学校

高等専門学校(高校+短大)な高専と名前が似ていますが別です。卒業したら大学3年生に編入資格のもらえる高等専門学校(高専)。

 

高等専修学校は、中学校卒業者を対象にした学校で「専修学校高等課程修了」が与えられます。全日制や定時制の高校生が普通科目を学ぶのに対し専門科目を学ぶため職業に必要な専門知識や技術をみにつける学校といえます。興味や進路に沿った教育が受けられ高卒と同等の扱いになりますが高卒にはなりません。大学入学資格付指定校を卒業すると高卒と同等とみなされますが高卒にはなりません。

技能連携校 通信制高校と技能連携をしており中退者や不登校生を積極的に受け入れています。
全寮制高校 不登校や中退者を多く受け入れており寮のある学校もあります。自然環境豊かな場所に建てられています。スポーツ推薦など特定の部活に所属している生徒もいます。ただし生活環境が家庭によって異なるため共同生活でのトラブルも生じやすく一概にはおすすめできません。学校にかかる費用は、授業料・入学金のほか寮費と食費がかかるので費用的な負担は重くのしかかります。
サポート校 不登校や中退者の強い味方が通信制のサポート校です。入学試験も、留年もないので自由な学校生活をおくることができます。目標や目的に応じて意欲を持って学ぶことができますが高校卒業資格が得られるわけではありません。また全日制と同じスタイルの通信制でレポートの作成が基本です。サポート校は、民間企業なので卒業まで強力にアシストしてくれ個別に合わせたきめ細やかな指導が行き届きます。不登校の子供が自信を持つきっかけになりやすい環境といえます。また学習指導のプロであると同時に精神面をさせるカウンセリングなどのメリットがあります
インターナショナルスクール 国内にいながら異文化体験ができます。数千万円の学費がかかるため芸能人や有名人のご子息が通うことが多く授業内容は国内と同じですが基本英語で授業がすすむため英語の語学力の上達が見込め国際感覚が身につきやすい環境です。卒業後の選択肢も広がりやすく卒業後帰国子女枠で大学に進学する子もいます。ただし前述したように費用は300万円〜400万円程度は必要。世田谷の名門インターナショナルスクール(St. Mary's International School)の場合、授業料1年間で210万円、スクールバス代年間30万円、施設代10万円・開発資金50万円・登録料30万円などのほか60万円ほどかかる。1年間で400万円弱。コチラは名門中の名門なので入学するのも偏差値が70以上、親の年収も合否に影響します。費用のESLは、英語の語学力が乏しい日本人のためのプログラム費用。
インターネットスクール インターネットを利用した教育システム、動画や音声を配信・講義などを視聴しレポートを提出します。経済的な理由や遠方で通えない子、不登校の子がよく利用しています。インターネット大学、e・ラーニング、インターネット予備校など。
留学 短期留学・1年間留学・長期留学があります。日常会話程度の語学力が必要になります。手続きが必要で費用もかかります。国や高校を選ぶ上で治安も考慮しなければいけません。留学のメリットは、不登校で自信を喪失している子供が自信を取り戻すきっかけとなりやすいことです。荒治療のように思えますが18歳〜25歳(30歳)なを年齢が若いとワーホリ(ワーキングホリデー→学ぶ働く暮らす制度)で比較的安く留学ができます。(一生に一国一度だけ)という制限がありますがオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、大韓民国、台湾、ドイツ、フランス、香港、ノルウェー、ポーランド、オーストリア、チリ、スペイン、ポルトガル、アルゼンチンなどがあり、オーストラリア、カナダが人気です。

不登校だった過去は、消せません。

正直いって不登校だった過去は、消せません。あなたのお子様の行き渋りのきっかけは、体調を崩した、学校の授業がわからない、ささいなことだったのかもしれませんが、過去は過去なんです。中学で学校を休みがちで気持ちを入れ替えて通いはじめた全日制高校になじめず再び不登校になり退学した子もいました。

 

でも、今は定時制高校を卒業し無事社会人となり生活しています。過去があったからこそ今の笑顔です。彼女の周りには、中退が無駄だったと責める人は1人もいません。回り道はしても遠回りでも無駄なことなんて1つもありません。お子様は何度でも学び直せる体験を身をもってしたのです。周りの皆がしていない経験もたくさんできたはずです。周りとは違った年齢の人とのつながりもできたはずです・

 

中退することで就職活動のとき不利にならないとは言えません。実際書類だけで落とされることもあります。就職面接で過去の不登校や中退を咎められたらあなたのお子様は、胸をはって自分のことを話せば良いのです。挫折を知らない人より挫折を知っている人間の方がずっと価値がある!私はそう信じています。

 


高校中退!からの学校探し記事一覧

高校受験でも専門学校、大学受験、就職試験でも出席日数が足りないと面接で落ちたらどうしよう??という不安でいっぱいになるのでは無いでしょうか?何を聞かれるの?どう答えたら良いの??受かるための面接トークってあるの??出席日数が足りていても足りていなくても面接で落ちる人は落ちます。決めては面接官との相性だけなんですね。自分をアピールするっていっても不登校だったし・・学校に通えないぐらい弱い人間、だめな...

礼儀や作法・協調性が見抜かれる面接。不登校の子にとって面接は最大の難関かもしれませんが、筆記試験や学科試験はないがしないでください。面接対策と学力2つの柱、どちらも大事です。小学校6年、中学1年、中学2年と学校に通えていなくても高校受験の勉強は今から始めても無理ではありません。進研ゼミは、分かりやすくて内容も良いですが量が多いと挫折します。Z会は、ハイレベル。金銭的負担が少ないのは、教科書+ワーク...